素晴らしいクリシュナ(7):ものがたり『シュリーマド・バーガヴァタム』第344話

「ゴークラの牛飼いに超越的な喜びを増大させるために、
この子はいつも、あなた方にとって、吉兆な行動をする。

そして主の慈悲によってのみ、
あなた方は、困難を克服できる。

ナンダ・マハーラージャよ、

歴史に刻まれているように、
世の中が乱れ、
不法な政府が人民を困らせ、
インドラが王の立場を追われ、
正直者が虐待され、
盗賊によって苦しむ時、
この子(クリシュナ)は、悪者を懲らしめ、
人々を守り繁栄させるために現れる。

悪魔たちは、神々を害することはできない。

なぜなら、
いつも主ヴィシュヌが
神々のそばにいるからである。

同様に、
いつも吉兆なクリシュナに執着する人や集団は、
敵に打ち負かされることはない。」。


…つづく
(10巻26章19-21節)

0コメント

  • 1000 / 1000