インドラとスラビ牛の祈り(1):ものがたり『シュリーマド・バーガヴァタム』第345話

...シュカデーヴァ・ゴースワーミーは言いました。

...クリシュナがゴーヴァルダナの丘を持ち上げ、
ヴラジャの住民たちを豪雨から保護した後、
雌牛の母であるスラビが、
クリシュナに会うために、
彼女の惑星からやってきました。

彼女はインドラを一緒に連れてきました。

インドラは主に侮辱を犯したので、
非常に恥じていました。
主にひっそりと近づき、平伏して、
太陽にように輝く王冠で、
主の蓮華の御足に触れました。

インドラは、今、
全能のクリシュナの超越的な力を見ていたのでした。

自分が三界の主人であるという彼の誤ったプライドは、
崩れ落ちました。

手を合わせ、嘆願するように、
主に次のように言いました。



…つづく
(10巻27章1-3節)

インド占星術のラーデー・ラーデー

インド占星術を用い「運命を知り、不安から解放され、心穏やかに、豊かに生きるお手伝い」をしています。インド文化や哲学の紹介、聖地ヴリンダーヴァンのツアーアレンジも承っております。

0コメント

  • 1000 / 1000