クリシュナ、ヴァルナからナンダを救う(5):ものがたり『シュリーマド・バーガヴァタム』第358話

主クリシュナは考えました。

「確かにこの世の中の人々は、
高い惑星、低い惑星、より目覚めた体、目眠った体
とさまよっている。

それは完全な知識もなく
それぞれの望みによって、
なされた行為を通して達成される。

このように、彼らは、
本当の目的地を知らない。」。

このように状況を深く考えて、
あらゆるものに慈悲深い至上主はハリ(クリシュナ)は、
牛飼の男たちに
物質的な暗闇を超えた主の住処を啓示しました。

主クリシュナは、
破壊されることなきスピリチュアルな光輝を
啓示しました。

それは無限で、意識があり、永遠です。

聖者たちは、
意識が物質自然の様式から自由で、
スピリチュアルな存在(姿)を
サマーディー(恍惚)の中で見ます。


…つづく(10巻28章13-15節)

インド占星術のラーデー・ラーデー

インド占星術を用い「運命を知り、不安から解放され、心穏やかに、豊かに生きるお手伝い」をしています。インド文化や哲学の紹介、聖地ヴリンダーヴァンのツアーアレンジも承っております。

0コメント

  • 1000 / 1000