ラーサ・ダンス前の出会い(5):ものがたり『シュリーマド・バーガヴァタム』第363話

情欲、怒り、恐れ、守ってあげたいという愛情、
非人格的な一体感を感じること、
あるいは主ハリと友人関係になる人は、
いつも主への思いに没頭しています。

クリシュナは生まれることなき、
すべての神秘力を持つものの主人
である至上主なのですから、
それはさほど驚くべきことではありません。

結局、主は、
この世界を解放することのできる主人なのです。

クリシュナは最高の話し手です。

ヴラジャのゴーピーたちが到着したのを見たクリシュナは、
彼女たちを当惑させるような
魅力的な言葉で歓迎しました。


…つづく(10巻29章15-17節)

インド占星術のラーデー・ラーデー

インド占星術を用い「運命を知り、不安から解放され、心穏やかに、豊かに生きるお手伝い」をしています。インド文化や哲学の紹介、聖地ヴリンダーヴァンのツアーアレンジも承っております。

0コメント

  • 1000 / 1000