ラーサ・ダンス前の出会い(13):ものがたり『シュリーマド・バーガヴァタム』第371話

「巻き毛の髪に囲まれた御顔、
頬をゆれる美しいイヤリング、
甘露に満ちた唇、
微笑みの眼差しを見ると、
そして恐れを取り去る堂々たる腕、
幸運の女神の唯一の喜びの源である胸を見ると、
私たちは、
あなたに仕える女にならなければ、
と思うのです。

愛しのクリシュナよ、
あなたの心を揺さぶる甘い竹笛の音色を聞いて、
それでも心が乱されない女性がどこにいるというの? 

あなたの美しさは三界を吉兆にする。

実際に、牛も鳥も、木々も、鹿も皆、
あなたの美しい姿を見るとうっとりし、
鳥肌が立つような恍惚的情感が現れるの。

あなたがこの世界に生まれたのは
ヴラジャの人々の恐れと苦しみを取り除くためなのは確かよ。

これは、
根源の至上主が神々を保護するために現れるのと同じ。

だから、苦しむものの友よ、
あなたの蓮華のような手を
この仕え人の頭と焼けるような胸に置いて」。


…つづく(10巻29章39-41節)

インド占星術のラーデー・ラーデー

インド占星術を用い「運命を知り、不安から解放され、心穏やかに、豊かに生きるお手伝い」をしています。インド文化や哲学の紹介、聖地ヴリンダーヴァンのツアーアレンジも承っております。

0コメント

  • 1000 / 1000