「相手の欠点を直すには?」

「家族が◯◯で困っているんです」

そんな相談を受けられた
ジャヤーナンダ先生は、
ヴェーダの見地から以下の
お話をシェアされていました。

「例えば、自転車に乗っていて
こっちにいっちゃいけない、
と思うほど
そちらに行ってしまうことがあったり
これをしちゃいけない
と思うほど
そのことをしてしまう
なんてことはよくありませんか?

これが執着なのです。
執着するほどその結果がでる。

だから相手に何かを変えてもらいたい
と思ったら
ただ許すこと。

そしてその思いを手放し明け渡すこと。

自分のカルマが消化されていくことに
身を委ねること」

何かを変える必要はないこと
宇宙の法則の愛をあらためて感じます

ラーデーラーデー

ヴェーダ占星術のラーデー・ラーデー

私たちは、聖地ヴリンダーヴァンから流れる由緒明確なヴェーダの叡智を日本に伝え、「人生のカラクリとカルマを知り、愛に生きるお手伝い」をしています。

0コメント

  • 1000 / 1000