他人と比べたくなったら

「人生のカラクリとカルマを知り、愛に生きるお手伝い」のラーデーラーデーです。おはようございます。通勤電車に乗ると、忙しなく我先歩く社会が見えます。ついつい人と比べるのが無意味、と分かりながら人と比べようとしている自分に気づいてしまう。

そんな時、インドヨーガの教典「バガヴァッド・ギーターのこの節に救われます。

「魂は五感で認識することはできない。
目に見えず、人知で想像も及ばぬもの。
魂は常に変化しないものと知って、
肉体のために嘆き悲しむな。」
(「バガヴァッド・ギーター」2章25節)

そもそも私は誰か?というと、この肉体でも感覚でもなく、魂です。

魂には永遠で知性と至福に満ち、何も足りないものはない。全ての存在が魂です。

それを思い出せば、ああ低い次元に意識がいたなー、と、比べるのが無意味に自然と思えます。

インド料理屋ランチタイムに行くと、よく「ご飯は足りているか?」とお代わりを勧めに回ってきてくださいます。
インドの寺院で食事をしても「もっと食べるか?」とお代わりを勧めてくれます。

職場に身体の障がいをお持ちの方がいますが、仕事の量が変わることに誰もなんとも思いません。違いを受け入れているからです。

つまり、一人一人持って生まれたカルマが違う、肉体が違うので、できることできないことに違いがあるのは当たり前。

でも、魂の次元で考えたら、私たちは全て満たされているのです。

そのことをどうか忘れずに過ごせますように。

ラーデーラーデー!

インド占星術のラーデー・ラーデー

インド占星術を用い「運命を知り、不安から解放され、心穏やかに、豊かに生きるお手伝い」をしています。 インド文化や哲学の紹介、聖地ガイドも行います。

0コメント

  • 1000 / 1000