「溢れたミルクを嘆いても意味がない」

「人生のカラクリとカルマを知って愛に生きるお手伝い」のラーデーラーデーです。いつもありがとうございます。センター試験も終わり、受験シーズンに入ったことを感じます。

日本の教育制度を受けていると、試験でいい成績をとれる子が賢い。という刷り込みがなされている気がします。

その延長で。

会社に入ったら、結果を出すべき。
結婚したら、子どもを産むべき。
お金を投資したら、それ以上の物を受け取るべき。
…沢山の思い込みが私たちを縛っている気がします。

それは、真実か???

インドのヨーガの聖典、「バガヴァッド・ギーター」によれば、

「君には、定められた義務を行う権利はあるが、行為の結果については、どうする資格はない。決して、自分が行為の結果の原因(自分の努力で結果が得られる)とは考えるな。 また義務の遂行に怠惰になってもいけない。」(「バガヴァッド・ギーター」 2章47節)

とあります。

私たちは、一人一人が、ただただ大きな存在の道具であり、与えられた役割を愛を持って行っていくことだけできます。

結果を出そうと努力はしても、結果が出る出ないは私たちの手にない。

それを信じると、気持ちがとても楽になります。

「溢れたミルクを嘆いても意味がない」

全ての目に見える現象はカルマの結果であり、愛である。

お一人一人のカルマのカラクリをジョーティッシュを通じてお伝えして行けます様に。

それを忘れずにいられますように。

ラーデーラーデー!

ヴェーダ占星術のラーデー・ラーデー

私たちは、聖地ヴリンダーヴァンから流れる由緒明確なヴェーダの叡智を日本に伝え、「人生のカラクリとカルマを知り、愛に生きるお手伝い」をしています。

0コメント

  • 1000 / 1000