学ぶべき価値のあること

ヴェーダから人生のカラクリとカルマを知り、愛に生きるお手伝いのラーデーラーデーです。

昨日は
「本当に学ぶべきこと」
について、
「バガヴァッドギーター」
でどのように示されているか、
をご紹介しました。

今日は、その続きで
「学ぶべき価値のあること」
について、この物語の語り手、
至上主クリシュナが
どのように語っているか、
ご紹介します。

「彼は、動くもの動かぬもの、
そのすべての
内にも外にも存在し、
 はるか遠くにも
またごく近くにもいて、
その精妙さゆえに、
この肉体感覚では理解できない。

彼は個々に別れて
存在するように見えるが、
彼は決して別れずに
常に一つである。
 彼はすべてのものの
維持者であるが、
 一切の絶滅者であり、
創造者でもある。」
(13章16-17節)

この彼、とはブラフマー(クリシュナの拡張体で宇宙の最初の生命体と言われます)のことです。

私たちは肉体があるので、
一人一人バラバラのように見えますが、
大きな意識の中では1つである。

時間も場所も越え、思い合うことができる。
(祈りや願いの効果を実感する方も
多いと思います。)

でも、一人一人にこの体があり、
心があり、
情感があるからこそ、
お互いに優しくしたり、
愛情を交換しあえる。

このことを知ることで、
「私たちは大きな魂に仕える
小さな魂である」
ことをさらに理解できるように
なると思います。

そうすれば自然と
自分と他人にも優しくできるような気がしてきます。

ラーデーラーデー

ヴェーダ占星術のラーデー・ラーデー

私たちは、聖地ヴリンダーヴァンから流れる由緒明確なヴェーダの叡智を日本に伝え、「人生のカラクリとカルマを知り、愛に生きるお手伝い」をしています。

0コメント

  • 1000 / 1000