ものがたり『バガヴァッド・ギーター』第2話

ドゥルヨーダナ王子は軍師のドローナチャーリャ師に、続けて言いました。

「最高の師よ。
我が軍にもそうそうたる 秀れた武将たちがおります!
まず先生ご自身、ビーシュマ祖父、カルナ、クリパーチャーリャ、アシュワッターマー、ヴィカルナに
ソーマダッタの息子(ブーリシュラヴァー)、ジャヤドラタなどいずれ負け知らずの豪傑の方々です!
さらに、命を私たちにかけてくれている多くの勇士が勢ぞろいしています。 
みな、色々な種類の武器を持ち、戦い慣れた者ばかりです。 
(武力に秀でた)私たちのビーシュマ祖父が率いている我が軍は、
計り知れない強大さであります。 

敵方のビーマが率いている(親戚の)パーンドゥ家の軍の
強さには限界があることでしょう!

さあ、みなさん、
各自の持ち場をしっかりと守り、 
引率しているビーシュマ祖父を支えて下さい! 」

王子がそう言い終えると、
クル王家の勇敢な最長老ビーシュマ祖父は、獅子が吠える様に勇ましく、 
ほら貝を戦場に高らかに吹き鳴らして、
ドゥルヨーダナ王子を喜ばせました。
それに続いて、敵味方、すべてのほら貝、角笛、 大鼓、ラッパ、笛などが、 
競わぬばかりに威勢良く
各所で同時に鳴り響きます。

それはもう、耳をつんざくさわがしさであります。

…続きはまた明日。
(今日は1章7-13節まででした)

ラーデー・ラーデー Jyotish and Bhajan   ヴェーダ占星術と歌う瞑想

インドに伝わるヴェーダ占星術や、歌う瞑想のキールタンをご紹介しています

0コメント

  • 1000 / 1000