インドラとスラビ牛の祈り(6):ものがたり『シュリーマド・バーガヴァタム』第351話

「力と富に陶酔して盲目になっている人は、
私が手に持つ棒による罰によっても
私を近くで見ることはできない。

私がその人の本当の幸福を望むならば、
私はその幸運な立場から引きづり降ろす。

インドラよ、
さあ、あなたは戻りなさい。

天界の王にとどまり、私
の命令を遂行しなさい。
偽のプライドを持たず真剣でいなさい」。

母なるスラビは、
自分の子孫である牛たちとともに、
主クリシュナに敬意を表しました。

主のに敬意を払い、
慈悲を乞いながら、
その優しいスラビは、
目の前に牛飼いの姿で立つ至上主に次のように言いました。



…つづく(10巻27章16-18節)

インド占星術のラーデー・ラーデー

インド占星術を用い「運命を知り、不安から解放され、心穏やかに、豊かに生きるお手伝い」をしています。インド文化や哲学の紹介、聖地ヴリンダーヴァンのツアーアレンジも承っております。

0コメント

  • 1000 / 1000