インドラとスラビ牛の祈り(8):ものがたり『シュリーマド・バーガヴァタム』第353話

...シュカデーヴァ・ゴースワーミーは言いました。

...このように主クリシュナに嘆願した後、
母なるスラビは、
自分の乳でクリシュナを沐浴させました。

神々の母アディティによって
命令されたインドラは他の神々とともに、
インドラの運び手であるアイラーヴァタの鼻から
天界のガンガー(ガンジス河)をかけて塗り、
主を沐浴させました。

トゥンブル、ナーラダ、ガンダルヴァは、
そこで、ヴィデャーダラ、シッダ、チャラーナたちとともに、
全世界を浄化する
主ハリ(クリシュナ)の栄光を歌いました。

神々の妻たちは、歓喜して、
主を讃えて踊りました。


…つづく(10巻27章22-24節)

インド占星術のラーデー・ラーデー

インド占星術を用い「運命を知り、不安から解放され、心穏やかに、豊かに生きるお手伝い」をしています。インド文化や哲学の紹介、聖地ヴリンダーヴァンのツアーアレンジも承っております。

0コメント

  • 1000 / 1000