ストレスとアーユルヴェーダ(3)

こんにちは。
前回は、暑くなると体に火(ピッタ)の要素が増えてイライラする。
ということを書かせていただきました。

では、どうすればいいのか?

火、が増える。
ということは、
火を消せば良いです。

ですから、水の要素を体に増やします。
アーユルヴェーダでは、水の要素はカファ、と考えます。

カファの特徴は、
冷たい、みずみずしい、落ち着いている。

例えば、一例として…
・熱を冷ます呼吸法または深呼吸
・水分を多くとる(ただし氷は抜きで常温。冷ました白湯はよいです)
・水分を含む緑黄色の野菜や果物をとる(きゅうりやゴーヤ、キウイなど)
・よく寝る

人生に正解がない様に、
これが絶対…というものはありませんが。

7、8月に予定している呼吸法と
ストレスマネジメントのワークショップでは
この辺りを詳しくご紹介します。

参加者の皆さまのアーユルヴェーダの体質診断もします。

ぜひ、頑張りすぎてしまう現代だからこそ、
ゆったり、リラックスしにいらしてください。
お待ちしています^_^


ヴェーダ占星術のラーデー・ラーデー

私たちは、聖地ヴリンダーヴァンから流れる由緒明確なヴェーダの叡智を日本に伝え、「人生のカラクリとカルマを知り、愛に生きるお手伝い」をしています。

0コメント

  • 1000 / 1000