「自己否定するのは謙虚さではない」

謙虚さ、って何だろうと。

この数年来考えてきた問いですが、

先日、
バクティヨーガの大先輩である
あるドイツ人の方が
メッセージをくださいました。

「謙虚さ、というと
つい自分をネガティブに捉えることだ、
と考えがちですが、
僕はこの考え方が好きではありません。

本当に謙虚になる
ということは、
自分の置かれた立場や状況を受け入れ
肯定的に生きること、だと考えます。

自分の置かれた立場、
とは大きな存在に使われ、仕える立場であることです。」

私たち日本人は、
つい自分を否定することが
謙虚さと考えてしまいがちです。

実際、外国の知人の方々からも
日本人は謙虚ではあるものの
自己肯定感が低い様に
見えるそうです。

本当に謙虚になることが、
全てを受け入れることなら、
不安も悩みも無くなって
いくんだろうな
と思いました。


ヴェーダ占星術のラーデー・ラーデー

私たちは、聖地ヴリンダーヴァンから流れる由緒明確なヴェーダの叡智を日本に伝え、「人生のカラクリとカルマを知り、愛に生きるお手伝い」をしています。

0コメント

  • 1000 / 1000