占いに根拠はあるのか

「人生のカラクリとカルマを知って、愛に生きるお手伝い」のラーデーラーデーです。

今朝、テレビである外国の占いが紹介されていました。それは、鳥がカードを引き、運勢を占うというものでした。
その鳥は賢く、器用にカードを引き、凄いなあ、と思いました。

私の紹介しているRadha Mohan Jyotishを受けられた方の殆どが、
こんなに根拠を持って説明されると思わなかった、と驚かれます。

それはヴェーダ(理論)に基づいて鑑定をしているからです。
単なる運任せ、インスピレーション任せのショーではありません。

このヴェーダを学ぶには生きている師匠から口伝で教えをいただくのが原則です。私は幸運にも師匠に出会うことができ、ジョーティッシュを行う慈悲をいただきました。

どの学びもそうだと思いますが、教えをいただいたものの責務としては、必要な方に必要なタイミングで先代からの叡智をお届けする、ということがあります。

ありがたいことに殆どの週末、ご予約をいただき、その方のカルマをお伝えしながら、聖地へのささやかな奉仕をさせていただいています。

そうすることが師匠へ恩返しとなります。

ジョーティッシュは「ショー的な占い」ではなく科学である。

ぜひ多くの方に体験してみていただきたいと思っています。

ヴェーダ占星術のラーデー・ラーデー

私たちは、聖地ヴリンダーヴァンから流れる由緒明確なヴェーダの叡智を日本に伝え、「人生のカラクリとカルマを知り、愛に生きるお手伝い」をしています。

0コメント

  • 1000 / 1000