ホロスコープでなぜ人生の地図が分かるのか

人生カラクリとカルマを知り、愛に生きるお手伝いのラーデーラーデーです。Radha Mohan Jyotish(インド占星術)を受けたお客様は皆様驚かれて帰られます。

「なんでここまで分かるんですか?」
私も、以前はからインド占星術の奥深さに興味があったものの理由がわからず不思議でした。



それは、インドに5000年以上伝わるヴェーダ(宇宙の取扱説明書)に従い、それを正統な師弟継承により学ばれた方に従い鑑定をするからです。

もうちょっと付け足すと。

機械の使い方を確認するときに取扱説明書を見る様に、命の使い方を見るときにこのJyotishのホロスコープを地図の様に使うのです。

では、なぜその様な地図ができるのか。

生まれたときに私たちはすでにカルマ(なすべきこと。過去の行動の反動)を心の貯蔵庫に持って生まれます。
それを今世で実現させ、次の体を得ていきます。

大切なのは、死ぬ瞬間、と教えられます。

「クンティーの息子よ。誰でも肉体を脱ぎ捨てる時に想っている状態に必ず移る。常に想っていることが臨終に心に浮かぶのだ。」(「バガヴァッドギーター 8章6節)

死ぬときに心に何が入っているか、で次の肉体(人生)が決まる。

生まれた瞬間の空が、その設計図を表す。その瞬間と場所を選んで肉体に入る)。

それをホロスコープを使って読み解く神聖な智恵がヴェーディックアストロロジー(Radha Mohan Jyotish)です。

自分のホロスコープを知ることで今の人生の悩みや不安が減ると確信しています。

そしてさらに魂の修練に専念できる様になると思っています。

見える、見えない形で、皆様のお手伝いができます様に。

ラーデーラーデー

ヴェーダ占星術のラーデー・ラーデー

私たちは、聖地ヴリンダーヴァンから流れる由緒明確なヴェーダの叡智を日本に伝え、「人生のカラクリとカルマを知り、愛に生きるお手伝い」をしています。

0コメント

  • 1000 / 1000