聖なる愛によって全てが明かされる理由

人生のカラクリとカルマを知り、愛に生きるお手伝いのラーデーラーデーです。今日は満月。お出かけの方も多そうな土曜日ですね。

最近お会いする方に不思議とよく言われるのが、「こんな話をしたのははじめてです。」という言葉です。

人生で抱えてきた苦しみや悲しみ、本当に好きなものや誰にも見せてこなかった人生観。
ポロポロとお話いただくことが、自分でも不思議ですが続いています。

ヴリンダーヴァンの聖者の慈悲と祈りを感じます。

真実を明かしていただく、という点について、インドのヨーガ教典「バガヴァッドギーター」にヒントの1つを見いだすことができます。

至上主クリシュナは、親友のアルジュナに誰にも見せたことのない姿を見せました。アルジュナはその姿に驚きました。その後、クリシュナは元の人間の姿になりました。その後の言葉です。

「アルジュナ言う。
『ジャナールダナ(クリシュナ)よ。
人間の姿になったこの上なく美しいあなたを見て、 私の気持ちは落ち着きました。 』
至上者語る。
『いま君が見ているこの人間のような私の姿は、 実はめったに見ることができないのだ。 神々でさえ、この姿を見たいと 常に乞い願っている。 
君が今見ている私の姿は、 ただヴェーダを学んだだけでは見ることはできない。 厳しい苦行や慈善、供犠を重ねても 見ることはできないのだ。 
敵を滅ぼすアルジュナよ、 私への一途の愛と献身(の奉仕)によってのみ、 
いま君の前にある私の真実の姿を見ることができる。 このようにして、私への交際の中に入ることができるのだ。』」
(11章51-54節)

一途な愛からクリシュナはアルジュナに本当の姿を見せました。
そして、究極に神々が求める人間の姿でアルジュナの親友になりました。

これはアルジュナの愛情が、クリシュナに真実を明かさせたということです。

本当のことを知りたい、と思ったら、聖なる愛、男女の性的な愛を超えた、地位や名誉を超えた、愛が必要であることをこのエピソードは教えてくれています。

私に愛情があるかは分かりませんが、目の前の相手の話をしっかりと聞きたいと思って聞く。

シンプルですがあらためて大切にしたいと思いました。

ラーデーラーデー

【モニター募集中】インドのアーチャーリャ直伝 インド占星術(ご自身のカルマを知るお手伝い)

ヴェーダ占星術のラーデー・ラーデー

私たちは、聖地ヴリンダーヴァンから流れる由緒明確なヴェーダの叡智を日本に伝え、「人生のカラクリとカルマを知り、愛に生きるお手伝い」をしています。

0コメント

  • 1000 / 1000