世界は何にためにあるの?

インドのヴェーダから人生のカラクリとカルマを知り、愛に生きるお手伝い ラーデーラーデーです。

今日からは、世界の仕組みについて書かれた「バガヴァッドギーター」の節をご紹介していきます。


誰もが、一度は、
「私は何者なのか」
「世界は何のためにあるのか」
という疑問をお持ちになったことがあるのでは、ないでしょうか。


私はずっと持ち、
その答えを今少しずつ、
師匠らの慈悲により、
見出そうとしているところです。

答えは1つではなく、
お一人お一人の中にあるのだと思いますが、

インドに伝わる「バガヴァッド・ギーター」には、
そのことも明言されています。


「アルジュナ言う。
 ケーシャヴァ(クリシュナ)よ。私は、物質自然(プラクリティ)と享楽者(プルシャ)について、活動の場(クシェートラ)とその認識者(クシェートラ・ギャー)について、 知識(ギャーナ)と知識の対象(ギェーヤ)について理解したいのです。」

「至上者語る。
 クンティーの息子よ。 この肉体が活動の場であり、この肉体を知覚認識している者が、活動の場の認識者である。」
(13章1-2節)


私たちは、世界に楽しまれていて、運命はその手の中にある。

この肉体は、その楽しむものが楽しむために与えられたもので、私たち自身ではない。

日々が、時間と運命で流れ、私たちは魂として、その船に乗るようなもの。


そう思うと、すべてを手放し、委ね、気持ちが穏やかになる気がします。

世界は、私のためにあるのではない。
そのことを教えていただける、優しい節だと思います。


ラーデーラーデー

インド占星術のラーデー・ラーデー

インド占星術を用い「運命を知り、不安から解放され、心穏やかに、豊かに生きるお手伝い」をしています。 インド文化や哲学の紹介、聖地ガイドも行います。

0コメント

  • 1000 / 1000