本当に学ぶ知恵

人生カラクリとカルマを知り、愛に生きるお手伝いのラーデーラーデーです。

今朝はオンラインでジャヤーナンダ先生にインドの聖地で読まれる究極のヴェーダ教典「シュリーマド・バーガヴァタム」について
お話をいただきました。

オンラインクラスですと、
首都圏だけでなく、長野や新潟など
全国の方々とご一緒できるので、
気持ちもよりあたたかくなります。

さて。

この「シュリーマド・バーガヴァタム」には何が書かれているか
といいますと
あと余命7日の王が人生の最期にどの様に過ごしたか。
という物語です。

その7日間で、聖者シュカデーヴァ・ゴースワーミーから、王は下記の疑問の答えをもらいます。

【人生の 7 つの疑問】
1.いったい自分は何者なのか?
2.自分を支配するものは何なのか?
3.死後はどうなるのか?
4.なぜ、苦しむのか?
5.その苦しみからどう抜け出せばよいのか?
6.人生の目的とは何か?
7.人生の目的を達する方法は? 

どれも、気になるテーマばかりです。

つまり。

この本を読むだけで、
これらの答えを知ることができる、と言われています。

さてさて。
今日のクラスの中で、こんな質問がありました。
「死ぬ時が重要とおっしゃいましたが、それはなぜなのですか。」

その答えとして
「バガヴァッド・ギーター」の
下記の節をご紹介いただきました。

「臨終の時、

肉体を離れる時に、
 私だけを想う人は誰でも、

私の性質を達する

(クリシュナのような

永遠で知識と至福に満ち

体を得て

クリシュナのもとへ行く)。 

このことに疑いの余地はない。 


クンティーの息子よ。 

 誰でも

肉体を脱ぎ捨てる時に
 想っている状態に

必ず移る。
常に想っていることが

臨終に心に浮かぶのだ。」

(8章5-6節)


結局、死ぬ時に何を思うか、
で、次の体を得る。

今の体は、
前世で死ぬ瞬間に思ったこと(意識)
が顕現されたにすぎない。

だから
私たちの行なっている
ヴェーダによるジョーティッシュ
で、カルマを読み
今生で自分の心と体に起こること
がある程度わかるのです。

ヴェーダを学ぶことで
日々目の前に見える
楽しみや苦しみに一喜一憂したり
執着することをなくし、
本当の魂、愛の存在へ
私たちは近づいていけるのではないか

ということをあらためて今朝は感じさせていただきました。

ラーデーラーデー

(このオンラインクラスやジョーティッシュについての詳細は、
下記のリンクをご覧ください)

ヴェーダ占星術のラーデー・ラーデー

私たちは、聖地ヴリンダーヴァンから流れる由緒明確なヴェーダの叡智を日本に伝え、「人生のカラクリとカルマを知り、愛に生きるお手伝い」をしています。

0コメント

  • 1000 / 1000