世界と調和する方法:5

人生のカラクリとカルマを知り、愛に生きるお手伝いのラーデーラーデーです。今日もインドに伝わるヨーガのエッセンス教典「バガヴァッドギーター」から、重要と言われ毎日読んでいる8節の中から、一節をご紹介します。

「どんなことにも喜ばず、悲しまず、
こうあって欲しいとも欲しくないとも思わず、
 
禍福にも超然とし、心動かさぬ者、
このような私の信者を私は愛する。」(12章17節)

この節を読んで、皆さまは何をお感じになりますか?



以前の私なら、感情に左右されない、というのが自己の悟りであると思っていました。

でも、今感じるのは、
それだけではありません。

すべては大いなる存在が愛情を込めて
一人一人に必要なものを用意しているのだから、
一喜一憂する必要はない、
ということです。

心を動かさない、というのは
いつもシュリークリシュナを愛し続け、
その与えてくれたものはすべて愛しい、
ということなのだと思います。

そのような愛に包まれた意識を持つ
聖者の皆さまとの交際や言葉、叡智を胸に置き
日々を過ごしていければ、と思います。

ラーデーラーデー

インド占星術のラーデー・ラーデー

インド占星術を用い「運命を知り、不安から解放され、心穏やかに、豊かに生きるお手伝い」をしています。 インド文化や哲学の紹介、聖地ガイドも行います。

0コメント

  • 1000 / 1000