幸福感や知識は人を束縛する

人生のカラクリとカルマを知り、愛に生きるお手伝いのラーデーラーデーです。

ジョーティッシュのセッションでは、お一人お一人の生まれ持ったカルマを一緒に見ていきます。

その時に、よく
「大変な時だからこそ、
本当の人生の目的や大切なこと
について、考えますね」
というお話になります。

教典「バガヴァッドギーター」にも、以下の様に、語られています。

「豪勇の士アルジュナよ。
物質自然から三つの性質、  
徳性(サットワ)、
激性(ラジャス)、
無知性(タマス)が生まれ、
これらが、
肉体に住む不変の魂を縛り付ける。

罪なき者よ。
この中で徳性(サットワ)は、
 清らかで光輝き、
人を罪の反動から自由にする。
これは
幸福感と知識で
人を束縛する。」
(14章5-6節)

アーユルヴェーダなどを学ばれている方はご存知だと思いますが、
私たちの心や体はこのサットヴァ、ラジャス、タマスのエネルギーで結ばれて、動かされています。

一般的にサットヴァというのは、
幸福感であり、
アーユルヴェーダや様々な健康法は
このサットヴァを良い状態とします。

しかし、
驚きなのはこの節には
「幸福感と知識で人を束縛する。」
書かれていることです。

幸せすぎたり、
知識を持ちすぎると、
結局それに縛られ、
本当に大切なことや、
自分が大きな魂に仕える小さな魂であることを、
忘れてしまう。

では、
幸福も知識もないほうがいいのか、
という疑問が生じますが、

だからこそ
「本当に大切なものや本当の幸福感や知識」
を悟っている生きている師や人々に
会って習っていく、
保護を受けることが必要なのだ、
あらためて感じさせていただく節です。

ラーデーラーデー!

ラーデー・ラーデー Jyotish and Bhajan   ヴェーダ占星術と歌う瞑想

Love is the WAY. Love is the GOAL.

0コメント

  • 1000 / 1000