ヴェーダは師が重要

インドのヴェーダから人生のカラクリとカルマを知り、愛に生きるお手伝いいのラーデーラーデーです。

毎日少しでも、インドのヨーガ教典「バガヴァッド・ギーター」を読むことで、ハートが浄化されるそうです。

最近はアーユルヴェーダやヨーガを学んでいる、または名前を聞いたことがある、という方が増えて来たように思います。

では、なぜヴェーダを学ぶとよいのか?

今日は、ヴェーダを学ぶということについて、書かれている節を「バガヴァッド・ギーター」からご紹介します。

「至上者語る。
 根は上に、枝は下に伸び、
その葉の一つひとつが
ヴェーダの讃歌
(利得を求め天界に昇る道を説く)
である、
不滅のアシュワッタ
(バニヤン)樹があるという。
この樹を知る者は全ヴェーダを知る。」

おお、それはすごいです。
更に、こう続きます。

「この物質界の木の上下に拡がる枝は(上は神々、下は動物などを指し)、
物質自然の三性質に養われている。
 無数の小枝は感覚の対象物であり、
 根は感覚を楽しみたい
という欲望であり、
人間社会の
行為とその反動の連鎖に
人を縛り付ける。」

あれ、木々の枝は結局感覚満足、輪廻転成に結びつけてしまう?

「この世界に住む者には、
この(物質存在の)樹の姿
が見えず、
始まりも終わりも
根ざすところもすべてわからない。
だが、人は一大決心をして、
無執着の剣を振り上げ、
この頑強な根を持つ樹を
切り倒すべきである。」
(14章1-3節)

これを読むと、結局この樹(全ヴェーダ)は、
物質的な幸福や宇宙の仕組み
を知るためにある。

ですが、
肉体はいつか死んで終わってしまうので、
それでは究極的な不安を拭えない。

だから、
一念発起して、
一時的な幸せを求める樹を切り
本当に必要なビジョンを得た方がいいですよ、
とシュリー・クリシュナは、
親友アルジュナに、そして
今これを読む私たちに
語りかけてくださっているのだと思います。

そして、その樹全体を知るためには、
その樹の中で生きる意識から抜けた、
聖者であり師について
学ぶ必要があると
気付かされます。

ラーデーラーデー

インド占星術のラーデー・ラーデー

インド占星術を用い「運命を知り、不安から解放され、心穏やかに、豊かに生きるお手伝い」をしています。 インド文化や哲学の紹介、聖地ガイドも行います。

0コメント

  • 1000 / 1000