すべてを本当の母親に任せる(BG 18章70-71節)

ヴェーダか人生のカラクリとカルマを知り、愛に生きるお手伝いのラーデーラーデーです。

私たちのお母さんは誰ですか?

誰にでもお母さんはいます。
でも、本当のお母さん、
魂のお母さんは誰ですか?

私たちは、魂である。
肉体はいつかなくなりますが
魂はなくならない。

としたら、その魂のお母さんは?
というと、大きな魂である。

色々な哲学や宗教や教えによって
名前は変われど、
何か大きな存在があり、
私たちは生かされている。

だから、何も心配する必要は
ないんですよー、
ということを
「バガヴァッド・ギーター」は
教えています。

例えば、この節。

「私たちの神聖な対話を学ぶ者は、

この超越的知識を通して
私を崇拝するようになる。
これが私の意見だ。 
妬みをもたず、
ただ信念をもって、
この会話を聞くだけで、
罪の報いから解放され、 
敬虔な者たちが住む
吉祥な惑星に行く。 」
(18章70-71節)

つまり、
私たちは常に大きな存在(魂の母親)
に保護され、守られていることを
ただ忘れなければいい。

そうすれば、
妬みや怒りから解放され
本当の心の平安に行く
ということです。

そして、
ただこれらのことを読み、
感じるだけでいい
とおっしゃるのです。

この理由もあり、こうして毎日
「バガヴァッド・ギーター」
を拙いながら教わったことを
ちょっとだけ添えて
シェアしています。

今日も一緒に、
お読みいただき
ありがとうございます。

私たちの師匠はおっしゃいます。

「私たちは、立つことすら、
あなた(大きな母親)なしには出来ない。」

ラーデーラーデー

ヴェーダ占星術のラーデー・ラーデー

私たちは、聖地ヴリンダーヴァンから流れる由緒明確なヴェーダの叡智を日本に伝え、「人生のカラクリとカルマを知り、愛に生きるお手伝い」をしています。

0コメント

  • 1000 / 1000