哀しみや葛藤からのはじまり(BG 1章44-46節)

ヴェーダから人生のカラクリとカルマを知り、
愛に生きるお手伝いのラーデーラーデーです。

私たちはただ生きているだけで
色々な嬉しいことも苦しいことも
経験します。

ジョーティッシュ(インド占星術)で
お一人お一人のカルマを
ホロスコープ(天体図)から詠むと
必ず苦しむ原因があります。

そして、聖者と呼ばれる様な方々
のホロスコープを見ると
他の人以上に苦しむカルマを
持って産まれていることも多いです。

ヨーガの教典『バガヴァッド・ギーター』も、
主人公の王族の末裔である戦士アルジュナが、
戦場で身内と争わねばならなくなった
葛藤から、物語が始まります。

アルジュナは、苦しみを吐露します。
「ああ、私たちは今、
何という大罪を
犯そうとしているのか。
王候の栄華を欲するあまり、 
血縁の人々を
殺そうとしているのです。 

武器をたずさえた、
ドリタラーシュトラの息子たちが、
 無防備で無抵抗の私を
殺したとしても、 
その方が、
ずっと吉兆なことのように
私には思えるのです。 」

「サンジャヤ(物語の語り手)
は言った。
『アルジュナはこのように言うと、 
悲しみに打ちひしがれて、 
戦場の最中に、
弓矢を投げ捨てて、 
戦車の床に坐りこみました。』」
(1章44-46節)

私たちにもこの様な経験が、あります。
どうすることもできない
理不尽さ、哀しみと葛藤に打ちひしがれ
立ち上がれなくなった時。

でも。

その様な状況に置かれるからこそ
本当の人生の意味や目的
に向き合い、
教えをこい願おうとする

ということを、このエピソードは
教えてくださいます。

日本でも毎日、出口のない様に
見える
出来事や苦しみや哀しみが
たくさん流れています。

でも、そこから立ち上がろうとする
ムーブメントも起こっていることを
感じます。

私たちも、何かのお役に少しでも立てます様に。


ラーデーラーデー

ヴェーダ占星術のラーデー・ラーデー

私たちは、聖地ヴリンダーヴァンから流れる由緒明確なヴェーダの叡智を日本に伝え、「人生のカラクリとカルマを知り、愛に生きるお手伝い」をしています。

0コメント

  • 1000 / 1000